テニス肘(上腕骨外側上顆炎)


肘の痛みがなくなり、パフォーマンスが向上!!




テニス肘とは



腕の伸筋群の使いすぎによって肘の筋肉の外側付着部(上腕骨の外側上顆)に
炎症を起こしてしまい、痛みを伴うものです。


【症状・原因】


腕を酷使することで、手首を返す動作や、親指や手の甲を上にして、
物を持ち上げる動作の際に痛みが出るようになります。

きっかけは

         テニスでのバックハンドの酷使
     ・ ふきんを絞るなどの家事での繰り返しの負担
     ・ 重い荷物を運んだ際

      などです。
     

テニス肘と呼ばれていますが、肘に負担がかかることで
家事をしている主婦の方にもみられます。

 

◎どうしてテニス肘になるのか?


一番の原因はテニスなどのスポーツ家事での腕の使いすぎです。
ゴルフでも起こります。
その他の原因としては、上手に身体を使えていないために(テニスのフォームなど)
肘に余計な負担がかかり発症してしまう場合があります。


 外側の肘の痛みで似た症状として外側側副靭帯損傷や石灰沈着性の腱炎などもあります。

 

【当院での治療法】

 

えびす鍼灸整骨院では問診・触診・検査をしっかりと行い
テニス肘根本原因を特定します。


当院に来院されるテニス肘の根本原因を探ると、腕を酷使したことにより、
筋肉と骨のつなぎ目の腱に炎症を起こしていることがほとんどです。
また、筋腱の牽引によって、外側上顆の骨膜が剥がれる場合もあります。


えびす鍼灸整骨院では、根本的原因を特定し
手技、鍼灸、特殊電気治療器を使い分け、丁寧に治療を行います。



テニス肘は、前腕の伸筋群の収縮によって腱が伸びるため、筋肉が収縮しても
炎症箇所に負荷がかからないためにテニスバンド(固定)をする必要もあります。


また、当院では特殊な微弱電流の治療を行い、細胞を活性化させてヒトの治ろうとする力
自然治癒力」を最大限に高めることで早期回復を目指します。



肘に痛みが出た根本原因はどこなのか?見極めが大事です。
安静にしていて痛みが消失しても、前と同じ身体の使い方(肘の負担のかかり方)が
同じであれば、また再発します。


テニスでのラケットを振る際のフォームや手打ちになっていないか、
腰をちゃんと使っているか、身体の動きはどうかなど再確認する必要もあります。
力の加わり方を分散することで、肘の負担が減り痛みが消失していきます。

 

当院では症状が緩和してきましたら、再発予防のために正しい身体の使い方や
ストレッチをお伝えいたします。



 

根本原因に正しくアプローチしないと、
治療を行ってもその場限りでなかなか改善していきません。
原因を特定し正しくアプローチすることが一番大事です。

 

 

改善されるまでに個人差はありますが、腱の損傷は1回の治療で
なかなか改善されません。2週間〜12ヶ月かかる方がほとんどです。
えびす鍼灸整骨院では7回の治療で約70%の方が改善されています。
そのためには計画的に治療を行うことが大事になります。


しかし、症状の程度が重い方や仕事やスポーツなどで肘に負担がかかる方など、
生活習慣や状況により回復の時間は異なります。


どこへ行っても改善しない(テニス肘)でお悩みの方はいつでもご相談下さい。






トップページへ