慢性腰痛

症状・原因】

  腰に繰り返し負担が掛かることにより、徐々に痛みが出てきます。
  痛みが出始めた際に適切な
治療を行い、根本から治せば痛みは続きませんが、
  無理をして負担をかけ続けていると
少し良くなるとまた痛めるを繰り返して
  悪循環に陥り、なかなか改善しません。

例えば

・デスクワークで座っていることが多い
・中腰の姿勢で作業することが多い
 赤 ちゃんをだっこすることが多い

 
など、腰への負担が大きい姿勢で長時間作業をしていると慢性腰痛の原因となります。




姿勢による腰への負担として
立位の姿勢が1とすると、 座位では約1.5倍、 姿勢悪く座っていると約2倍近く
腰椎の椎間板内圧に負担かかかっています。




当院に来院される患者さんの問診・検査・触診を行い慢性腰痛の根本原因を探ると、

   椎間関節の捻挫や炎症、
   筋肉の異常(慢性的な筋膜炎、肉離れの瘢痕化など)、


 がある場合が多いです。
 


骨格や骨盤のゆがみが更なる根本原因で、上記の症状を引き起こすこともあります。 
また、ヘルニアやすべり症、脊柱管狭窄症等、椎体に疑いがあるなど、人によって原因がさまざまです。
※内科的疾患や、椎体に疑いがある場合は病院(整形外科や内科)へ紹介いたします。




【当院の治療法】


えびす鍼灸整骨院では、問診・触診・検査をしっかりと行い根本的な原因を特定し、
ていねいに治療を行います。


当院に来院される慢性腰痛の根本原因としては、骨格のバランスや骨盤のゆがみ
慢性的な筋膜炎、筋肉の硬結(かたまり)椎間関節の捻挫が存在している場合が多いです。
これらの原因の違いによって治療法が変わり
痛みの根本的な原因となっている
部位に対して正しくアプローチを行います。


えびす鍼灸整骨院では、手技、鍼灸、特殊電気治療器を使い分け丁寧に治療を行います。
筋膜リリース骨盤のゆがみなど身体のバランスを整えることで改善していきます。


根本原因に正しくアプローチしないと、
治療を行ってもその場限りでなかなか改善していきません。
原因を特定し正しくアプローチすることが一番大事です。


当院では症状が緩和してきましたら、ストレッチ腰痛予防の体操をお伝えいたします。



当院に来院される方では7回の治療で約70%以上の方が良くなっています。
筋肉の硬結や筋膜炎の場合ですと個人差はありますが、
最短で1回の治療でよくなる方もいらっしゃいます。

そのためには計画的に治療を行うことが大事となります。


しかし、症状の程度が重い方や
ご高齢の方、仕事などで腰に負担がかかる方など、
人の生活習慣や状況により回復の時間は異なり、もう少し回数がかかります。

また、日常生活の負担のかけ方や体調、天気・気圧など環境的要因も治癒に影響しています。





どこへ行っても改善しない(慢性腰痛)でお悩みの方は、いつでもご相談下さい。



      


トップページへ
              腰痛症へ戻る
慢性腰痛

治療した直後に痛みが和らいだと実感できます